SSブログ

花粉症の季節がやってまいりました [日記]

スポンサードリンク




無題368_compressed

鼻水ずるずる、目は痒いし、ひどい時には頭痛まで起こる。

これじゃ、風邪なんかの病気と変わらないですよね?

たなみちゃんの言うとおり花粉が収まるまで寝ていたい気分なのではないでしょうか。

花粉症って?

スギ花粉症は、今や国民病と言われるほどに感染者を増やしていますよね。


そもそも、杉という樹木が日本固有の種である以上、スギ花粉症も日本固有の病気というわけです。


アジアには、杉の近隣種による花粉症があったり、アメリカではブタクサ、ヨーロッパではカモガヤと呼ばれるイネ科の植物や白樺による花粉症が有名です。


スポンサードリンク





元来、日本には花粉症は存在しないと言われていたのが、正式に花粉症を認定したのは1961年のことです。


その時は、杉ではなく外来種のブタクサによるアレルギーですね。


その後、今の花粉症の症状である目や鼻に対するアレルギー疾患を特定したのは1963年のことですから、まだ50年しか経っていないわけです。

 

なぜ、花粉症が広まったのかという理由については、高度成長期による大量の杉やひのきの植樹を原因にあげる人が多いようです。


それが都市化の進んだコンクリートやアスファルトによって吸収分解されにくくなり、花粉が常に人の生活圏内に滞留するために花粉症が広まったというんです。


でも、本当にそうでしょうか?


杉やひのきというのは、日本固有の樹木であり、古くからワタクシ達日本人の生活を支えてきた木々です。


杉に至っては200万年前より日本に存在し、縄文時代にはすでに人々の生活に取り込まれていたといいます。


杉やひのきの有用性を知っていた祖先は、植樹をし、大切な財産として管理してきたわけです。


日光杉や縄文杉など、杉の名所も多いですもんね(^^)


それだけ、身近な存在だった杉の花粉が、なぜ急に人間の体に害を及ぼすようになったんでしょうか?


それは、むしろワタクシ達人間の方に問題があるのかもしれません。


体のほうが、極端なアレルギー体質に変化してしまったのではないでしょうかね。


ワタクシ達の親が突っ走ってくれた戦後の数十年間、日本は高度成長期を迎え、一気に先進国の仲間入りを果たしました。


親たちの世代のガンバリのお陰で、今のワタクシ達のブログライフがあると言っても過言ではないかもしれません。


しかし、急激に裕福になったワタクシ達の世代から食生活は大きく変わります。


まず、何と言っても一番大きいのはパン食ではないでしょうか?


パン自体は小麦を焼いたものですからそれほど問題はないと思いますが、例えばマーガリンです。


食べるプラスチックともいわれるマーガリンですが、子供の頃はよく食パンに塗って食べていました。


バターに比べて柔らかいから塗りやすいんですよね(^^)


まあ、このブログは女性ブロガーさんの訪問が多いので、こういった食べのものに関する危険性なんかはよくご存知だと思うんで詳しく説明するのは避けますが、この業界はスゴイですからね( ̄ー ̄)


過去にも、安全なマーガリンを販売しようと試みたメーカーがあったんですが、ことごとく潰されてますからね。


海外では、すでにマーガリンやそれに付随するトランス脂肪酸について表示義務や制限などが義務付けられているようですが、日本はへっちゃらです(´;ω;`)


マーガリン協会も、マーガリンの危険性を認めてはいますが、日本人の摂取量がWHOの基準を下回っているという理由で危険性は無いと言っているんですね。


ところが、このデータには外食や惣菜などは含まれていません。


WHOの定めるトランス脂肪酸の1日の摂取量は、マ○ドナルドのフライドポテトMサイズで軽く2倍を越えてしまいます。


法的義務の無い日本では、全ての外食産業で大量のマーガリン、シーズニングが使用されていますから、普通の日本人の生活ならばWHOの基準値以下で生活することは非常に困難だと思いますけどね( ̄ー ̄)


現在では、批判をかわすためかコマーシャルもあまり見ませんよね。



パン食がメインの欧米では、マーガリンの歴史は当然日本よりも古いわけで、それだけアレルギーの歴史も古いんではないでしょうか。


まあ、マーガリンとか食の欧米化という問題ではなく、ファーストフードという概念や、長期保存できるスナック、チョコ菓子という存在ががいかんのかも知れないですけどね。


欧米にも、体にいい郷土料理はたくさんありますから、やはり問題なのは儲けを前提にした企業の体質というところに行き着くのかもしれません。


なんで、こんな話をだらだらしているのかといいますと、実は今日、体調がすぐれないんですね(^^)


ワタクシ、多くの先輩ブロガーさんたちには申し訳ないんですけど花粉症じゃないんです(-_-;)


奥さんは花粉症なんですけどね……流行に疎いといいますか……この年まで花粉症経験ないんですよ。


ところが、今日帰ってみたら鼻水がでるじゃありませんか?


これがうわさに聞く花粉症か!と思ったんですけど、念のため熱計ってみたら7度5分もあるじゃありませんか(・・;)



今日、天気予報で寒いっていうからダウン着て行ったら暑いこと暑いこと、汗びっしょりかいて、それで風邪引いちゃったみたいなんですよね
(´;ω;`)


で、今日の記事なににしようかな~なんて思ってたら花粉症になっちゃったんですよ。


外食産業やお菓子産業っていうのは、もう今さら後戻りできないくらいの巨大産業になっていますからね。


今後も、アレルギーに苦しむ人とそういった企業の責任が結びつくことは無いと思いますけど、明らかに人の体は変わりつつあるんでしょうね。


人もにゃんずも平均寿命は格段に伸びたとはいえ、手放しで喜べる状況でもないようです。


ワタクシが毎日訪問させていただいているヤギ牧場のオーナー様(予定)など理想的な食生活を送られている気がして羨ましくて仕方ありません(^^) 頭の大きなかわいいニャンコがいらっしゃるお宅でございます。


そういえば、昨日の記事のコメントで、狐の嫁入りを天候のことと認識されている方が思いのほか多くてびっくりしました。


やはり時代なのですねぇ(-_-;)


ちなみに、うちのあつおくんはタヌキ顔。


無題366_compressed

たなみちゃんは、キツネ顔ですかね。


無題365_compressed

今はずいぶんふっくらしてきましたけど、昔の写真はキツイですね
( ̄ー ̄)


さてさて、今日は頭がはっきりしないせいか、またまた面白くもない記事を書いてしまいました。


今日は卵酒でも飲んで早めに寝るとします。


あ。ワタクシ卵酒キライなんでした。


しょうがないから、日本酒と玉子焼きにしてお腹の中で卵酒にしようと思います(^_-)-☆


そういえば、江戸時代のファーストフードって寿司や天ぷら、おでん、ゆでたまごとかだったんですね。


なんか良い時代ですね(^^)


無題367_compressed

なんか、たなみちゃんがすごいカッコでふみふみしてるんで、ワタクシも隣でふみふみしてきます。


それでは皆様はくれぐれも風邪など引かぬよう、また花粉症の方はゴールデンウイークくらいまでガンバリましょうね!


おやすみなさいませm(_ _)m


nice!(52)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 52

コメント 11

green_blue_sky

明日は花粉の最大ピーク、困った日になりそう^_^;
私も早く寝よう。
by green_blue_sky (2015-03-24 22:54) 

藤並 海

風邪に一番いいのは
睡眠だと思いますよ~
ゆっくり休んでくださいね(^^
by 藤並 海 (2015-03-25 00:32) 

isoshijimi

花粉症大変そうですね。と思ったらお風邪でしたか。お大事になさってください。
・・・おなかの中で出会えば玉子酒になるのですか~(笑)
by isoshijimi (2015-03-25 04:02) 

みぃにゃん

今からだとヒノキとかですかね?今年はひどいのでしょうか?今まで全く大丈夫だったのに今年は目がかゆいです。
お大事にしてくださいね。
by みぃにゃん (2015-03-25 07:18) 

デルフィー

自分もまだ花粉症ではないですか、
いつなるかとヒヤヒヤしてます^^;
風邪お大事になさって下さいね!
by デルフィー (2015-03-25 08:12) 

mayu

花粉はずいぶん遠くまで飛ぶらしいです。渡り鳥並みですね、強敵です。
by mayu (2015-03-25 09:05) 

ニッキー

花粉症と風邪の症状と似てるから間違えちゃいますよねぇ(*_*)
何年か前に花粉症だと思っていつも行く病院に「花粉症の薬ください」と行ったら、「今回は風邪だね」と言われちゃいました^^;
by ニッキー (2015-03-25 12:28) 

JUNJUN

花粉症、私はないんですけど、ある人は辛そうですよね。
なぜか、暖かくなったのに風邪ひいてしまいました・・・。
by JUNJUN (2015-03-25 19:02) 

溺愛猫的女人

こんばんは

たなみちゃんのふみふみポーズ、めんこいわ(≧▽≦)
by 溺愛猫的女人 (2015-03-25 20:52) 

ゆきち

花粉か風邪か、よくわからないまま気が付いたら治っている、ということが多いです^^;
きつねさんもたぬきさんもいいお顔ですね♪
by ゆきち (2015-03-25 20:56) 

ojioji

日本酒と卵焼きで卵酒、私と同じ流儀です(^O^)、この技を知れば、京料理なんて腹に入ればただの貧しい乾物料理(^_^;)m(_ _)mm(_ _)m、こうやって反発を買うのが快感になってしまいました。

花粉症は、地球温暖化とやらと同様、現状認識と要因が複雑に絡んでいて、真相はわかっていないと認識しております。但し、マーガリンもパンも数十年間、ほとんど摂らなかったのに(むしろパンは偶に食べるととても身体に良い感覚)、田舎から京都に出てきて花粉症の症状が出た私が、要因として間違いないと確信するのは、自動車などの排気ガス、表面に土の無い都市、そして戦後のカネに目の眩んだ杉や桧の植林です。これら外的要因に、現代人の食生活、生活が恵まれて乳母日傘でこらえ性が無くなったこと(^_^;)、黄砂、...etc.キリがなくなりますよね。
一方、昔の文献にも春先の風邪や、熱の出ない風邪や、外国の枯草熱の例と同様、干し草のクシャミの話や、実は、昔から花粉症はあったとも考えられます。江戸の人よりも、田舎の人たちで、問題化されなかったとか。
もうひとつ、昨春帰郷してから、京都時代より花粉症の症状が軽くなりました、消えてはおらず。要因は、山羊か兎と猫が混じったような食生活と、毎日が日曜日(^O^)です。
そうか、症状が消えた人の事例を集めたら何か見えるかも。
by ojioji (2015-03-26 07:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。